読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日報

 

・一日中遊んだ。超楽しかった。

 

愛☆まどんな先生の個展が明日からなのだが、本日までAWAJI CAFE内で制作現場を生で見れるということでめっちゃくちゃ楽しみだった。

 

・しかし、愛☆ま先生は昨日の段階ですべて描き終えてしまったということで、現れなかった。それは残念だが、それ以前にあれだけの量の作品を昨日までの2日間で仕上げてしまったのかと思うと、半端じゃない。

 

・絵を見るにあたって、昨今はその人の熱量の詰め込まれ具合に驚くことが多かったのだが、愛☆ま先生はそこに圧倒的な時間の密度をも感じさせてきた。もちろん、作品自体の解像度の高さというか、密度というか、それ自体だって半端ねえなぁ〜〜と思えるほどだった。その上で思う。あれを2日間で、、、。

 

・とはいえ最近追っている作家陣はライブペイントの告知をよくしているので、自分が知らなかっただけで、絵描きというのは脳内のイメージを具現化していく技術のスペシャリストと考えれば、ガシガシ描いていくことが何もおかしいことではないのかもしれない。膨大な判断の集積がすでにあるので、そりゃそうか、とも思える。イチローが野球うまいのは練習を積み重ねてきたから当然だし、東大に合格する人間はたくさん勉強したから受かっても当然、ということだ(それは無論とてつもなくすごいことである、が)。

 

ミュシャ展を勧められたので、約束時間の前にチャチャっと見ようとして新国立美術館へ。が、10時半の段階で20分待ちの行列。平日のこの時間でそこまで混雑しているとは思わなかった。相当な混雑が連日続いているのだろうか、乃木坂駅の構内で簡易チケット売り場が設けられているほどだった。約束に間に合わなくなるので今日は諦めて後日にします。

 

・「Nintendo Switchをやりたい」という話をした。そしてそれは、ことあるごとに言ってきた。しかし、高いし買えない。誰か持ってないかなと聞いてみたりもした。

 

・帰り道、ネットを見ていたら「ひらがなポーカー」という遊びを知った。めちゃくちゃやりたい。

 

・しかし、campfireで生まれた商品で、募集期間はとっくに終わってた。つまり、現時点では購入不可。

 

・ただ、ひらがなが書いてあるカードがあれば代用できるので、無地のカードを買ってかなを割り振っていけばいいか。

 

・これに限らず、みんな知らない遊びでも、全部自分で用意してプレゼンして企画運営までやれば友達も乗ってくれるかもしれない。

 

・と、ずっと思ってはいたが、何をやるにもある程度の負担をみんなに背負わせることになったりする。まず予定を空けて、交通費かけてきて、場所代とかプレイ代を払ったり。

 

・ただ「ひらがなポーカー」は安価な無地のカードを買ってひらがなを自分で振っておけばいいから用意しちゃお、と思った。

 

・そこで気がついたのだが、それはあらゆる遊びに適用できる。

 

Nintendo Switchだってなんだって、自分で買って「やろうよ〜」と言えばみんな乗ってくると思う。

 

・新しい遊びがしたい時に大事なのは、準備万端な状態でのきっかけをプレゼンすることなのかもしれない。

 

・だったら、全部自分で身銭切ってどんどん遊びを提供したい。遊びを共有したい。

 

・となると、お金が必要だ。

 

・と考えると、昨今悩んでいた課題につながる気がする。仕事をどうするか考えていたが、効率よくお金を手にいれることが最優先な気がしてきた。やりたい遊びを提供しまくりたい。北海道に住んでる人と遊びたいなら、交通費を出しちゃうくらいには。

 

・仕事をどうするか問題、本当ならば自分で金を稼ぐ、みたいな方法が最も手っ取り早いんだろうけど、今そこにそんなに興味がないのでお金を手にいれる方法としては雇用契約を結んだ労働者、という形になる。そして時間も割と融通を効かせたい。

 

・となると、「時給」という形で働くのが方向性の1つだと思う。

 

・でもって、「時給」で働くとなれば、時間単価を上げる必要がある。

 

・ここ最近、何か生きてくためのスキルが必要なのかなぁとか誰でも考えるようなことに頭を悩ませていたが、今ある求人たちを全体的に見て、何が求められているか調べようと思った。

 

・とかいって、遊んで楽しかった夜だからテンション上がってこんなことを書いてしまった。起きたらすっごい冷めてるんだろうな。今日もいい日だなぁ〜みたいなこといって。

 

 

 

日報

 

 

・本来、やったことを書くために始めた日報でした。書きすぎてました。

 

・感じたことを書かなくてよいです。某名ゼリフを応用して、『Don't think, Don't feel.(マイ訳:壁でも見てろ)』というのをモットーにします。

 

・起床時間より8時間前に消灯、昨日やったが良さげでした。眠気が少ないと、それだけで気分が晴れやか。もしかして精神とか幻想で、あれは寝たい体が不安を煽って寝させるためのものなのかもしれないと思った。

 

・肩と首の疲労が強くて、1日だるかったな。

 

・朝はお絵描き。と、朝生を流してた。

 

・帰宅後はやっぱだるくてなんも手付かず。

 

・まじで疲れをハックしないとやばいと思った。何もできない。

 

・集中部屋みたいなところにいって、集中したいこと以外できない代わりに住んでていいよ、みたいな制度が欲しい。

 

・自分の持ちうる資源をどこに投げていくか考える時に、何が必要なのか、何に割くべきなのかとか全然考えてないんだなっていうことに気がついた。

 

・方向性が全然決まっていない。何が欲しいのかよくわかっていない。麦茶が飲みたいのか、ソーダが飲みたいのかわからずドリンクバーの前で立ち尽くしているみたいだ。

 

・それっぽい言葉でいうなれば、意思決定というやつ。宣言しちゃうのが一番よいのかもしれない。『これをやります』って言いあったりしたいな。

 

 

日報

 

 

・知り合いが寺嶋由芙さんに似ている。

 

寺嶋由芙さんを知った当初は「知り合いに似てるな〜」と思っていた程度だったし、逆に、知り合いがよくあげている自撮り写真を見て「寺嶋由芙さんに似てるな〜」と思っていたぐらいだった。

 

・それから年間レベルの時間がだったわけだけど、ここ数日、ひょんなことから寺嶋由芙さんの動画を見て、笑顔がめっちゃ好きになった。そもそも美人さんなんですけど、タイプとかではなかった。これは完全に余計な一言ですが。

 

・が、笑顔映えするというか、笑顔がめちゃくちゃキュンとくる。そもそもの顔のパーツが笑顔によって形作られたみたいにスマイル映えする。

 

・そしたらもう知り合いの顔も好きじゃん、みたいな話になるけど、その辺は触れないでおきましょう。万が一これを読まれていたら恥ず、いや、別に恥ずかしくないか。あの、あなたの顔、好きっす。

 

・実は最近、好きな顔がめっちゃ増えている。それには明確な理由があって、マッチングアプリを始めたせいだ。

 

・大学の先輩に「やってみろ!」と言われて、3ヶ月かけて3つのサービスに登録した。最初は驚くくらい女性から返事がなかった。もしくは、やりとりが続かなかった。

 

・メッセージが続かないとマッチングアプリは何も面白くない。どうすれば続くのかと悩んで思いついたのが、相手の容姿を褒めることだった。

 

・そりゃあ内面を褒めるのがいいんだろうけど、マッチングアプリでは内面の情報なんかない。だから、プロフ画像から容姿で気になるところをすべて褒めちぎるようにした。そしたらびっくりするくらい返信率が上がった。

 

・俺は金がないし出不精だから、マッチングアプリをしておきながら出会う気が全然ないのだが、かわいい人とメッセージをやり取りするのはめちゃ楽しいし、それだけで全然良かった。

 

・その上、マッチングアプリはもしかしてコミュニケーションの練習に最適なのかもしれないと思った。

 

・そうして、マッチする人たちの容姿をひたすらに褒めていくうちに、相手の容姿を褒めるのがめちゃくちゃ楽しくなってきた。好きな顔ならもちろんのこと、タイプな顔じゃなくたって、髪がツヤッツヤだったり、肌がきれいだったり、くちびるが発色よくてきれいだったり、みんなびっくりするぐらいき綺麗なんだなと思ったら、なる早で褒めポイントを見つけて褒めていくという行為がめちゃくちゃ楽しくなってきてしまった。

 

・しかも褒めるとなぜかこっちのことも褒めてくれる人がいるということに気がついて、なんだそれラッキーかよって思った。

 

・話は変わって、インベスターZ の kindle版が巻数円(1巻1円、2巻2円...)だったので15巻まで買って、一気読みしていた。

 

・その中にあった「マイルール」の話が良かった。

 

・投資王バフェット(実在)さんは、「やると決めたことはやる!」というルールを決めているらしく、それは当たり前のことのようで実際にできている人はほとんどいない、だから成功する、という話だったのだが、そのバフェットのおっさんに憧れている登場人物が「ラーメン屋の行列には並ばない」というマイルールを決めた。

 

・それはたとえであって、「ラーメン屋の行列」=「周りの情報や雰囲気」に「並ばない」=「流されない」ということらしい。

 

・そういうの良いなと思って、試しにマイルールを決めてみた。

 

・「起床時間の8時間前に消灯する」

 

・これはもちろん例えでもなんでもなく実行レベルの話だが、一方でこう捉えることもできる。

 

・決まった時間に消灯するということは、それまでにその日を終わらせないといけないということで、1日に締め切りがあるということで、それはつまり人生は有限ということで、延長させられないということで。

 

・その時にまだやり足りないことがあっても、時間が決まっているならば諦めるという必要があるわけで、それはあらゆることにも言えるわけで。

 

・なんでも手を出すだけだして散らかしてわけわかんなくなりがちの自分には良いルールかもしれない。

 

・別に続くかどうかはどうでもよくて、10日に1回できたら月に3回成功できてるわけで、来月4回にすればいい。

 

・そういう意味では、びびるくらいハードルを低く、かつ、自分にとって重要なことを淡々とやっていくしかないんだろうなとも思う。

 

・誰かと話すときの「最近なにやってるの?」は、実は結構まとまりのある事を言わなければならないという暗黙のルールがあるように思える。

 

・その時でも平気で「起きる時間の8時間前に消灯するようにしてる」って言おうとおもう。

 

・「いや、そうじゃなくて」と言われたら、それはもうしょうがない。レイヤーが違う。それはしょうがないから気にしない。

 

・多分、わかられないだろうけど、それはもう仕方ないことで、自分がこれだと思うことをやっていこうなって思った。

 

・そういえば、坂口恭平が言ってたなぁ。「孤独な人は、孤独に嘆かず緊張すること。それはあなただけのレイヤーです」みたいなことを。なるほどなぁ。

 

・実は全然孤独ではなくて、なぜならばこれを読んでいるあなたが応援者だからだ。

 

・(キザ)

 

・みんなでやっていこうな

 

 

 

日報

 

・目が重い。寝不足ということでもなく、かゆみで重い。花粉かエアコンの汚れのせいかとも思ったが、聞くところによると黄砂のせいじゃないかということらしい。まじすか。黄砂ねぇ〜。黄砂かぁ〜。どうすればいいんだろうか。肌が荒れまくってるのも、黄砂が原因かもしれない。マスクしよ。

 

・今朝、準備を速攻で終わらせてお絵描きに勤しんだ。その際、Youtubeで『スマホで朝生』を流していたら、AI論議がテーマだった。

 

人工知能が騒がれているけれど、よくわかっていない。AIに詳しい著名人に言わせれば、大抵の場合「騒がれてるけどみんなよくわかっていない」そうだ。自分もその中の一人であることは間違いない。

 

・ただ、世の中の仕事が人工知能に取って代われるというのは結構本当らしく、とはいえ騒がれているように「人工知能が人間の仕事を奪う!」というヒステリーなものではなく、実際は「人がやらなくていい仕事をやってもらえるようになる」といったものらしいが。

 

・もともと人間が個別でやっていたあらゆる処理、教育、技術の習得などを全世界で蓄積して、ガンガン処理させよう、ということなのかな。とはいえ、インターネットの登場で、すでに人間同士があらゆることガシガシ共有するようになってるので、それを最適化しようぜってことなのかもしれない。そこに AIがガンガン入ってくる、みたいな話もあった。

 

・個人的には早いとこクソくだらない仕事から人間を解放して欲しいんだけど、余計な感情によって政策上すぐにそういう風にシフトするわけではないんだろうなとも思う。技術的には可能でも、いきなり全部の仕事がなくなるといったら、みんな不安になるだろうな。BIについてもよくわかってないが、なんかそういう仕組みで最低限の生活が保障されるようになってほしい。そうすりゃ誰もクソみたいな仕事しなくてよくなる。

 

・ここまで書いてみて、俺の教養レベルでは、まだ SFみたいな話しかできないなと感じた。それはこの先で書くことも同様に。

 

・昨今では「こんな仕事が 人工知能に取って代われます」なんて話をよく耳にする。無人レジはもう導入したとかなんとかで、接客業はまずいらなくなるよな。配送業も、自動運転とかドローンとかで大幅に減って欲しい。それから、事務仕事。事務ほど機械にやってもらったほうがいい仕事もなさそう。人工知能は大量のデータと統計と処理みたいなことが得意なんじゃないかと勝手に思ってる。

 

・それから工場系の仕事。母がよくピッキング系のパートをやっているのでそういう話を聞かされるのだが、お金のある会社の工場が新しいシステムを導入しまくってて面白いらしい。肉体労働の部分を機械がやるから、あとは華奢な女性でも高齢者でもできる部分だけ人間の仕事があるらしい。

 

・それから、思いのほか芸術分野でも人工知能で十分になると思う。音楽は理論があるし、絵だってなんかよくわからんけどアルゴリズムがあるみたいで自動で描いてくれるし。それも、プロ並みか、それ以上かのクオリティかで。

 

・じゃあ、もう芸術分野でも何やっても無駄じゃんと思うんだけど、そうでもないような気はしている。

 

・この間、通っている DTM教室の先生がさらっと「商業でやっていくのか、表現者としてやっていくのかみたいなこともあるけど」と言ったことがあった。ということは、商業分野は機械、表現分野は人間、ということになるんじゃないかと思った。

 

・さて、もうじゃあぶっちゃけ人工知能にできない仕事なんてないんじゃないか? と思った時に、これから人間が何をやるんだろうなと考えてみたら、人間にしかできないかもしれないことが浮かんだ。

 

・「欲すること」は人間にしかできないように思う。「何がしたいか」。

 

・生きる上で必要な営みは全部やってもらえるようになったとする。掃除はルンバがやって、外出中の猫の餌やりもルンバがやってくれて、脱いだ服はそのまま突っ込んでおけば洗濯と乾燥まで一気にやってくれて、あるいはたたんでおいてくれて。

 

・そういう風に、生きることを楽にしてくれるモノは、今はまだ欲しいんだけど、この先、一通りの生活用具が揃って、誰がやっても同じことを肩代わりしてなんでもやってくれるようになったら、実は僕らは欲しいものがわからなくなるんじゃないかと思った。

 

・「何が欲しいか」がわからないという状況が、この未来、たくさんの人に起こるとしたら、それはかなり恐怖だと思う。

 

・「人類にとって最大の悩みが、『ありあまる時間をどうするか』になっていく」という話もあるぐらいだ。

 

 

・どんなことも、現在の「仕事」という意味では通用しなくなるのなら、「それ自体が喜び」「使命」と思って没頭できること以外やるべきではないような気がする。

 

・「会う喜び」「話す喜び」「知る喜び」「歌う喜び」。パッと浮かぶのはこんなもんだろうか。

 

・それでも、「仕事」という面で考えると、たとえばアイドルだって二次元でもよくなってくるし、生身の人間じゃないといけないことっていうのは、それはもう「趣味」「価値観」でしかなくなるのかもしれない。

 

・ということは、「仕事」というよりかは「遊び」なのだろうか。

 

・いずれにしても、「何が欲しいか」「何が喜びなのか」ということを今から徹底的に考えておこうと思っている。

 

・それはかつての人たちが「将来お金に困らないように生活しよう」という意識を抱えて生きていたのと同じようなものだと思う。

 

・「将来、自分の欲するもの(あるいは喜びそのもの)がわからなくならないように生活しよう」という感じだ。こうやって書くとスピってそうだけど。

 

・思えば、欲望だらけだった時代でも、欲しいのは車自体だったのか、もしかしたら良い車を持っていることで得られる何かしらの効果だったりしないだろうか。もしそれが車なしで手に入るようになれば、車そのものが好きな人だけが車を買うようになる。

 

・そうやって、とことん好きなことや「欲するもの」にフォーカスされていくんじゃないかと思う。

 

・それは多分、コミュニティにおいても同じことが起きるような気がする。

 

・とはいえ、好きなものしか目に入らなくなると、次の好きなものを探すのかな そしたら好きなものが増えて あげくみんなのこと好きになれたりしないかな。

 

・「味があるなぁ」とかなんとか言って。

 

 

日報

 

 

・GW明けの月曜日、ご多分に漏れず労働が精神に負荷を与えた。どうにかしてなんとかするためには、やはりやっていかないと駄目なんだよなと痛感した。

 

 

・昨晩、早めに消灯してから一心不乱に背中と腰をマッサージしていたせいか、揉み返しがエグいことになってしまった。朝から背面がものすごく痛かった。以前ふくらはぎを揉みまくった時もそうだったが、筋肉は素人が揉むもんではないなと思った。

 

・エアロバイクを漕いだが、達成感という部分では外に出て走った後よりかは弱いと思う。一方で、始める際のハードルは超絶低いし、冷暖房の中でできるし、音楽に酔いながら運動できるし、っていうことを考えるとやっぱりいいな。ただし、もっとも重要なのは運動効果で、それは未知数。よくわからん。体力ついてるのかな。

 

・朝から活動しようと思ったけど、うまく起きれなかった。準備を速攻で終わらせて、お絵描きに勤しむも、なんかだるかった。花粉か、寝不足かよくわからん。

 

・自律神経にかんする著書をいくつか出している医者は、1日の中で「何にもしないで音楽だけ聴いて過ごす時間」というのを1〜2時間設定しているらしい。たまに真似してやってみるが、次の日結構楽なんだよな。

 

・それで昨晩、22:30に消灯して音楽を聴きながらダラダラしていた(マッサージはしてたけど)。今日もやりたいな。

 

・習慣は一度に何個も作れるものではないらしく、「やっていき」を作るために最重要なのはどうにも『生活』な気がしているので、睡眠をやっていこうとしているところです。

 

 

 

 

日報

 

 

・いわゆる「お通じ」が微妙な時に、下腹部がチクチクする時がある。そしてなぜか体の一部もチクチク痒くなる。皮膚の奥がチクチクするようで、掻いても掻いても掻けている感じがしない。今日は頭と鼻の先っちょがチクチクかゆい。こうなると、塗り薬とかあんまり意味がなくて、「お通じ」の部分で引っかかっている感じを、身体による『アウトプット』で出してしまうしかない。

汚い話はここまでにして。

 

・自律神経がいまだに終わってるが、焦らず戻していくしかないっぽいな。

背中が重かったから、うつ伏せに腕の届く範囲でマッサージ?してみた。思いのほか楽になった。この間 Twitterで知ったんだけど、マッサージクッションなるものがあるらしい。超ほしい。次のクレカ月で買っちゃおうかな。

 

・ちょうど先日 通ってる整体師からも「背中が硬い、自律神経がバグってるね」と言われたことを思い出した。背中、大事っぽいな。

 

DTM、『ナギイチ/SKE48』っぽい曲を作ってこいとのことでやってたけど、アレンジがむっちゃ楽しい。変なことしようとしないで基本コード進行でガンガン進めてざっくり輪郭作ってから気になるところいじった方が多分楽しいんだろうな。しばらくは。

 

・昨日のアミノ酸が良かったので、アミノバイタルの一番安いやつ30包入り買った。あんまりおいしくなかった。飲み終えたら激安謎アミノ酸粉末に戻そうかなとも思う。

 

・労働したくなさすぎの波がきた。次の労働先を決める上でいろいろ悩んだりした。思ったけど、労働を終えてDTMやイラストに取り掛かるのは結構だるいので、朝やってから労働に行くほうがいいのかも? 夜に無理やりなんかやろうとするより、帰ってきたらもう寝るしかない状態の方がかえって諦めつきそうだし。あと、お金欲しいなって思った。なぜならば東京に暮らしたいから。何かあるたびに都内出ようとするとハードル高いんだよね。それで決断疲れしちゃうし。都内に住んだら結局コストは多くかかってるんだけど、出かける時にかかる意思決定コストは大幅に下がる気がする。お金で買えるなら、もっとお金が欲しいと思った。しかも都内なら面白そうな労働が結構あるっぽい。労働の割に面白そうって思えるものがあるっぽいんだよね。

 

・お金が欲しいんならば、同じ時間働いた時にもらえるお金の額を上げていかなくちゃいけないなと思った。それはなんだろうな。どうにかしていかないと。とりあえず夜は寝ていこうな。

 

 

 

日報

 

 

・日報

yatteiki.fmの中で、日報を出し合うコミュニティサイト?のことを知った。やったことをみんなが自由に書いていいみたいなサービスで、いいなと思った。

 

・yatteiki.fm

yatteiki.fmを聴いている。自分の周りにも「やっていき」合うコミュニティを作れたらなと思ったが、すでにちょっとしたことはやっていた。「毎週やったことを報告して褒めあおう」っていう営み?を友達と一緒にやっている。「褒めあおう」っていうのが当初の目標だったことを今思い出したので、これからはもっと臆さずに「やったこと」を報告していこうと思った。褒めてもらおっと。褒めあって生きていきたいし。

 

 

DTM

DTM教室、4回通ったが、家で作業がはかどらない。元から実力がないのに「もっとできる」という理想像と現実に作れた midiノートを比べてその落差に嫌気が差しているんだと思った。その沼にハマると精神が goneっぽい。でも考えてみるとすぐできるわけがないし、先生も「1年くらいやったらいい線いくと思うよ」と言っていたし、焦る必要はないんだよ、と自分に言っておく。今できてる人も何年かやっている話を聞くし。それと、先生が言っていた「1年くらいやったらいい線いくと思うよ」ってものすごくうまい褒め言葉だな。「よくなる」ということを伝えつつ「1年くらいやったら」とちゃんと頑張りを促しててよくできたセリフだと思った。

 

 

・お絵描き

上に同じ。教室こそ通ってないけど。

 

 

・展示

展示をひたすら見に回っている。それは、生まれてからこれまで意識的に文化を享受してこなかったことを酷く悔いているからだ。だから自分の好きなものがよくわかっていない。その結果、輪郭フェチは増すばかりだったり、かわいいものが好きなんだなということに気がついたり。結構楽しいが、まだまだ焦っている。

 

 

アミノ酸

カフェイン、特にコーヒーがどんどん苦手になってきている。飲んだ後グダッグダになる。死ぬ。ので、アミノ酸を摂取してみることにした。アミノバイタルゼリータイプを飲んだ後は結構いい感じなの知っていたので、粉末にしてみた。それも地元のドラッグストアに売ってる謎の会社の格安商品。マジで格安だけど、今日飲んでみて結構いい感じだったので引き続きキメていく。飲み過ぎは良くないだろうけど、カフェイン入れるよりいいだろう。

 

 

・わなび

いわゆる「ワナビ」という言葉を初めて知った。yatteiki.fmで。自分は完全に「wannabe」してるだけっぽいなと痛感したので、「なりたい」のか「やりたい」のか、評価を得たいのかそれ自体が喜びなのかなど、安易な自己啓発本に書いてありそうな図にして自分なりに書き出してみたりした。他人に展開すると胡散臭くなるけど、自分に対して啓発していくことはいいと思う。まず書き出す。外に出すのは大事だなと、これまた痛感した。

 

 

やっていくために

・今の職場から帰宅するのは17時ごろ。そのあと結構時間があるのでついダラダラしてしまって、それでも夜が長いから慌てて作業しはじめる。夜は集中力が続かなくて、何やらやっていると結果として眠るのが遅くなる。そう考えるとどうしたって朝にやっていきを持っていくしかないなと思った。

 

 

 

すべては筋トレ

・そういう風潮が散見されるが、それは自分にとっても正しい解になりそうな気がする。ちょっとトレーニングしただけで疲れにくくなった面があって、やっていけばもっと元気になれるのかなと希望が持てる。虚弱体質で自律神経もボロボロなので、健康促進という意味で大きく効果があるような気がする。

 

 

長くなってしまった。次回からは3行くらいで留めておかないと継続できない気がする。

おやすみなさい